その症状に合う施術を上手く選択することで

サイトメニュー

肌トラブルをなくそう

女性

美容皮膚科の施術できれいになる

いぼには色々な種類がありますが、顔などの露出している部分のいぼは、見た目の印象も悪くなるので、除去を希望する方は多いでしょう。内服薬や塗り薬で治すという手段もありますが、どの薬が自分のいぼに効くのかは、素人には中々わかりにくいものです。そう考えると、やはり、美容皮膚科などで、専門家の判断を仰いでから適切な治療をする方が、早くきれいに治す近道だといえるでしょう。特に、敏感肌の方は、クリニックでいぼのタイプをよく見極めてから治療をしないと、肌トラブルの原因にもなりかねないので注意しましょう。美容クリニックでの治療方法には、炭酸ガスレーザーや液体窒素、またはブレオマイシン注射などがありますが、いぼの種類に合う適切な施術方法を選ぶことで、治療の跡がほとんどわからない程、きれいに治療することができます。どの施術方法もすぐに終わり、それほど痛みなく、また安全性も高いので試す価値があるといえるでしょう。治療の際は、あまりに費用の安すぎるところは避けて、治療に実績のあるクリニックを選ぶことがコツです。
ヒトパピローマウイルスが原因のウイルス性のいぼは 液体窒素かブレオマイシン注射、または炭酸ガスレーザーでの治療になります。放置すると増大してしまうので、早めの治療が必要です。同じウイルス性のものでも、皮膚面の盛り上がりが少ない青年性扁平疣贅は、炭酸ガスレーザーでの治療が最適です。このタイプは、液体窒素では色素沈着の可能性が高くなるのでおすすめできません。首いぼは、体質によりできるもので、炭酸ガスレーザーでの治療になります。また、老人性のいぼである脂漏性角化症は、全身どこでもできるいぼで、形状は様々ですが、ざらざらしているという特徴があります。こちらも炭酸ガスレーザーを使用しますが、時間の経過と共に数が増えるので、早めに治療しましょう。どのタイプのいぼにも有効な施術は、炭酸ガスレーザーであるといえます。レーザーによる治療は、患部にピンポイントで照射できるので、皮膚組織のダメージが少なくて済みます。また、治療時間も短く、安全で患者への負担が少ない施術といえます。